かもめのジョナサン

傍らの何かを通したエッセイを。

絵本

ロボット・カミイ

在職中、趣味を尋ねられて読書だと答えると怪訝な顔をされる事が多かった。こうしたことに限らず、彼らの価値観にそぐわない返答をすると途端に不機嫌になるから不思議である。しかしながら稀に同僚、或いは客の中から「子どもに本を読むようになって欲しい…