読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かもめのジョナサン

傍らの何かを通したエッセイを。

夜は短し歩けよ乙女

まもなく桜が咲く頃である。


全国津々浦々、中には京都の大学に進学を決め、森見登美彦氏の作品のような煌びやかな大学生活を期待している方々も在るだろうが、氏の主人公から学力と物語性を剥奪したような人間だと道すがらに他人から詰られる私から言わせてもらうとそんなものはない。大学生活というのは常に打算が渦巻く末法の世である。四回生にして、第二外国語を新入生に混じって学んでいたという真面目極まりない私が言うのから間違いない。


語弊がないように言っておくと私は森見登美彦作品、もしくは黒髪の乙女に憧れて京都に進学したわけではない。出来れば、という可能性を求めてはいたが実際に出くわしたのはカメレオンのように頻繁に髪の色が変わるモルモットのような容貌の乙女であった。このへんちくりんな女子は何故かへんちくりんな俺を気に入ったのか仲良くなり、近所の居酒屋で互いに吐くほど飲むことを繰り返しておった。よって、お互いに春期取得単位はアンダースローでリリースされた。
信号機さながらに髪の色が変わる、時代によっては妖怪と揶揄されても仕方なしと呼べる見た目の彼女は、夜の蝶のような容姿と裏腹に読書をする習慣を持っていた。そして彼女こそ森見登美彦作品に憧れて京都の大学生活を決めた人種だった。人は見かけによらぬものである。

ある日、互いに講義を受けるつもりなどさらさらなかったがために四条河原町へと繰り出し、小洒落た喫茶店で取り留めのない話を続けたり、雨上がりの先斗町の石畳を滑ったりしてからはもくもくと立ち込める煙で前が見えない焼鳥屋でひたすらにぼんじりを食べていた。


「ぼんじり、ぼんじり、ぼんじり」
呪文のように店主に伝える彼女は滑稽でしかなかった。
この日学んだのは、京都に黒髪の乙女は居ないが、変な女は居るということである。この日の出来事がきっかけで彼女とは同じ部活に入ることになった。

 

ある機を境にぼくが部活を辞めてからは、彼女とは徐々に疎遠になってしまった。互いに彼氏や彼女を作ったり、就職や離職をしたりと状況がそうさせているのもあったのかもしれないが、大抵の原因はあいつのドタキャンである。
九州に帰る前に一度、あいさつをしておきたかったが、やはり彼女は現れなかった。
けれどもいつかふらりと街中で会うような気がしている。そのときはおともだちパンチをして、偽電気ブランを呑むことでチャラにしようと思う。

 

 

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)